日々の中でのちょっとした話

定番手乗りネタ

手乗り、可愛いですよね。
文鳥でもハムスターでも子猫でもいいんです。
てのひらの上で、ちょっとぷるぷるなんかしちゃったりして!
少し傾けるとぎゅってしがみついたりなんかしちゃったりして!!

というわけで、手乗りネバヤちゃんを妄想して可愛がっておりましたら本人に
変態っと罵られて
お嬢ちゃんは病気だと白い目で見られて
うふふそれは御褒美です。

高所恐怖症だから必死になってわたしの指を掴むネバヤちゃん
意地悪しないでって涙目で見上げてくるネバヤちゃん
私がやりすぎたときには怒って噛みついてもいいのよ
でもごめんねと撫でるとうっかりゴロゴロ言っちゃうネバヤちゃん
ぎゃああああ可愛い可愛いかわい。。!

つきあいたては
お腹や腰回りを触るとフシャーって威嚇してきていたのに
(生物的な弱点を触るなというお達しだったのだが、それじゃあハグできないわよう)
最近は撫で撫でし放題になっていたので
ガードが緩んだわとほくそ笑んで指摘したら
「まあ、黙って怒ってんだけどな。やりすぎたら引っ掻くよ。」
と、わざわざイラスト付きで釘をさされました。
寝そべった猫がイラァってしてるかわゆい絵でした。
永久保存しておきます。

でもやっぱりガードは緩んでるわよね。
いいわー。
誰にでも一定に優しくて陽気に見えるけど
じつはどこまでも暗くて心の柔らかいとこなんてあることさえ見せねえーよ的な
そんな人が
じわじわ懐いてきてくれる過程ってのは
胸に迫るものがあるのでして
はーーーーたまらん。
えろい。

えっろい。

| | コメント (3)

水瓶(厨二病風味)

不思議な水瓶コップの話です。

歯磨きしたあとに、くちをゆすぐためのコップなるものが
うちにはあるのですが
いつのまにだか、気づけば水が張られているのです。

量はそのときどきで、たっぷりのときもあれば、深さ1センチくらいのときもあり
まあだいたいは半分くらいまで
素知らぬ顔して水のやつが入っておるのです。ええいH2OとNaClと少しの雑菌めが。

わたしが棄てても流しても説教しても
気を抜けば、コップに水が。。。!

ということで、懐ゲーでストレス解消していたネバヤ嬢を捕獲します。
「ネバヤさん。ちょっとここにお座りなさい。コップに水を入れるのはあれほど御止めになってとry」
「知らにゃい」
「は?」
「うるるっにゃあーん!知らないよ!」

ああ、そう。
ということは、あのコップはあれだ、使っても一晩たてばまた
なみなみ入っているという
祝福の水瓶だ
いや妖怪のみずがめだったかしら
とにかくそういう類のものだ
ネバヤちゃんに一心同体憑いているものであるからして
あれはネバヤちゃんの一部
ネバヤちゃんの魔力のこぼれみず
きぶんが良いとたっぷりで、調子が悪いと少しだけ
ちっぽけな人間のわたくしに
恵んでくださるいのちのしずく
長い年月あのみずを飲んでいると
ネバヤちゃんと同じものが視えるようになるという

。。。。そんな、妄想をしてネバヤちゃんを愛でております。

ドヤァ!(`・v・´)

| | コメント (0)

あけまして

あめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。ぺこん。

初詣行ったら、屋台がにぎわっていたので
おでん食べて帰りました。
毎年3が日終わってから行ってたので、屋台なんて終了してたのですが
やっと楽しめたぜ!
ネバヤちゃんが屋台☆屋台★と楽しそうだったので
とても嬉しいです。

初日の出は見損ねました。
でもどっちみち横浜は曇っていました。

明日はネバヤ家一族の集まりにいけしゃあしゃあと出てきます。
明後日は父とお茶します。
横浜駅付近の喫茶店のネタが尽きたんだけど、どうしようかなあ。

マンションの屋上に上ったったw

Dscn1727

おみくじーなんかー末吉ってゆうかー
わたし末吉か小吉か凶しか引いたことないしー
もう、正月のおみくじは、ぜんぶぜんぶ吉or大吉にサービスしてくれよ!

あ、紅白にガガ様が出てはったらしいですね。
ガガ様!可愛いですガガ様!

| | コメント (3)

一羽でチュン!

冬になって、おふとんから出るのが億劫になって、
そしてゲームとかやっていましたらば、
さらに寒いなあなんて言ってあったかい飲み物ごくごく飲んでお腹いっぱい☆なんて油断してたら、
部屋の中で餓死寸前になります。

今季3回くらいやらかしました。
迷惑ですよね。

いきなり動悸が不吉に激しくなって、でも寒くて、三半規管も仕事を放棄して、目がうつろに卑しくなったあたりで
ネバヤ様が
おネバヤ様が
はっと気が付き、ご飯を作ってくださいます。
体感時間は3秒くらいで、パスタやらチャーハンやらごっついものをこしらえて
「とにかく喰え!」と目の前に出してくださるのです。
わたしは堂々とネバヤ様の分まで横取りして、1.5人前くらい平らげます。
「いっぱいお食べー」と微笑むネバヤ様。
お腹減ってるのは同じなんですけれど、分けてくださいます。

今日なんか、また膀胱炎になりそうな、いやあな前兆があったので
「ネバヤちゃんどうしよう」と風呂洗うスポンジ握ったまま泣きついたら
「ちょっと待ってな!」と45秒で支度して、閉店間際の薬局に駆け込み
漢方薬を買ってきてくださいました。
飲み物もどっさり買ってきてくださったので
いま紅茶のストックが5種類とコーラと牛乳と:ほうじ茶と緑茶とコーンスープが
わたしに摂取されるのを待ち構えている状態です。

御隣が最近、週末に男子ふたりできゃっきゃきゃっきゃお泊まり会ひらいていらして
まあぜんぜんいいのですが
こっちなんて二人で住んでるんだし、いいんですが
野太い笑い声が重低音で御尻にひびくと
ちょっとばかり肝が冷えるんです
いえ、文句言ってるんじゃあ、ないですよ
多少驚くってだけなんですよ
しかし、それまた、ネバヤ様が心配してくださるんです。
「週末だけだからねえ」「おとなりのひと、魔界村のTシャツ着てたし」「悪いひとじゃないよ」
いろいろ、あの手この手で、なぐさめてくださいます。

そして、「私テレビ見るから、ユキはネットしてていいんだよ」と
PCを譲ってくださいます。

ところで
夜食に買ってきたお弁当を
やっぱり1.5人前ぶんどって食べたのは私です。



だ め だ !
わたし、ネバヤちゃんをもっと大事にしなければ!
わたしに優しくしすぎて、ネバヤ様が擦り切れてぼろぼろになって融けて無くなってしまったら
どんなに後悔するかわからない。
明日から、本気だします。

| | コメント (2)

焼き魚

今日はネバ嬢と一緒に棲んでかれこれ4年、はじめて焼き魚を焼いて食べました。
グリルも無いし匂いが拡散しても困るのでと
ずっと、焼き魚、あきらめてたんですが
ネバヤちゃんがどうしても食べたかったようで
スーパーで目をきょろきょろさせて
生きのいい魚を買ってきてくれました。

「焼くぜ。おれは魚を焼くんだぜ。ρ(・д・*)」
ノリノリのネバヤちゃんの横でスペースぶんどりながら
私はひたすら野菜の千切りです。
千切りしか能がないんだよおお(でも千切り大好き)
千切りのしすぎで奥歯が痛いですし(ずっと噛みしめていたので)
かっこ悪い、ダサいよ、自分。。。っorz

しかぁあし!
いつもの料理ならまるっとお手上げですが、
魚となればですね、わたしにも活躍するチャンスがあるのです、
ネバ嬢は局所的姫なので、魚をキレイにほぐして食べられないんですね。
そこを華麗にむしってほぐしてハイって差し出せば
いんじゃね、これ、できる女ぽくね★嫁アピールだぜ☆って思いまして♪(調子乗)
ネバ嬢ったら、
他の分野では器用スキル抜群高いのに、こんなシンプルなこと苦手だなんて!
またそこがめっちゃ可愛いんですけれどっ。
アンバランスに萌えっとするよおっ☆

そんなわけで、千切りが終わってからいまかいまかと魚が焼けるのを待ち構えていた私。。。
ネバ嬢が「できたよー」と魚を運んできてくれるやいなや
これ以上ないドヤ顔で、ネバヤちゃんの視線を存分に意識しつつ、
箸を振りかぶって皿を引き寄せまして。。。


むふ!私のターン!v(≧∇≦)v
手札から速効魔法<<魚の身ほぐし>>発動!( `◇´)ゞ
手先の器用さをひけらかして、彼女を惚れ直させことができるのだっ。
ネバ嬢が小骨と戦う手間も短縮できる、一粒で二度美味しい効果なのよっ。
しかし
興奮しすぎて力加減を誤り
骨が跳ねて、ネバ嬢のデコを直撃!
ネバ嬢は惚れ直すどころか爆笑している。。。

。。。
。。。。しょぼん。

身の程ってものを知ったようなそんな土曜の午後でした。
あー平和だなあ。。。
次こそはもっとスマートにほぐそうと思います。。
ネバ嬢は「私のパンチパーマに絡むでしょ危険極まりないんだから」とか
思い出し笑いをしております。。あうう

ネバ姫の髪型、ほんとに心底可愛いっておもってますからあ!
ほんとーに、可愛いんです★マジでネバ、耳をかっぽじってよく聞け人の話を聞け。おまいは可愛い。
まったく眼福じゃ、こないなカワユイ女子と一緒におれて、しあわせじゃ。

| | コメント (6)

地獄の蓋が半開きですね

暑いですよね。東京は熱帯雨林気候に変更すればいいとおもうの(無理)

おとといあたり、ご飯を食べ終わった机のうえに、
お茶の入ったコップとその横にビタミン剤が置いてあったので、
いつも飲むやつだ、私のためにおいといてくれたんだ、なんて気がきくんだろう★
さすがお気づかいの淑女だよネバ嬢っと思い、
「ありがとうネバヤちゃん!!!なんて優しいの」と言いながらぱくっと飲んだんです。
しかしネバヤちゃん、
「ほんと優しいよねえ」って全力で褒めて感謝の意を表明しているにも関わらず、
「あーあーーー。。。」という困り顔。。。
何故、その顔かと、照れてるのかなと、不思議におもっていたところ、衝撃のひとことが、
「それわたしが飲もうと思って出しといたやつ。。」

。。。
。。。。
。。。。。。
なんでしょうかね、ネバヤちゃんのものはおれのものってのが染みついちゃってるんでしょうか。
どんだけ大事にされ慣れてんのー!と
ジャイアンな自分がとても恥ずかしうございました。
顔から火がでるかとおもったわ。

あ、ネバ嬢のほうの残念な御知らせに関しては
わたしとしてはですね、タバコ吸ってるネバ嬢が好きなので
いえ吸ってなくても好きですけれども
適度に協力していければいいかなと思っております。
何年スパンで考えるものみたいなので。。

早朝の散歩が厳しくなってきましたねえ。。気温的に。。

散歩してるときなどに、すずめを見かけたりすると
ネバヤちゃんのテンションがだだあがりするんです。
哺乳類も爬虫類も両生類も鳥類も
あまさず愛でるネバヤちゃんですが
すずめがとくにお気に入りのようで。。
道端ですずめが「ちゅん!」とか言おうものなら
「ちゅちゅん!」と返事をし
ぴょんぴょんと歩くと
「あらあら!」と励まし、歩くそのさきへついて行くという熱愛っぷり。。
そのあいだ私は、なるべく息も止めるいきおいでじっとしています
だって私が動くとほとんどの生き物は逃げるんだもん
なんでだよおおお
わたしだって愛でたいんだよおお
と、ネバ嬢をうらやみながらじっとしてるんです。

でも、こないだすずめとたわむれているネバヤちゃんをみていて
なにかを思い出すなあと
なんだっけなとおもってたんですが
判明いたしました。
ネバヤちゃんがくしゃみをしたときの自分でしたorz
ネバ嬢「へくしょん」
わたし「はい」
ネバ嬢「へくしっ」
わたし「はいはい」
ネバ嬢「へっぶしゃ」
わたし「はいよ」(ティッシュを渡す)
まあティッシュ渡さないことも多々ありますが
すずめにするような感じでネバヤちゃんに接してたんだとわかって
不本意な気がしました。
わたしもっと、大事に可愛い可愛いってしてるつもりでいたんだけれどもなあ。理想と現実はかくも遠く隔たるものか。。笑

ところで、エロかないですが夜の話です、↓
やはりというか所詮は「リバになりたい」って言ってるだけの実質ネコなので
ぱくぱく食べていただけるのはありがたき幸せ、
ネバ嬢に食べてもらえるなんて、もったいない幸福なんでありますが
当方の一番のわくわくスポットが
例のG★をひょいと飛び越えて、ていうかむしろ異なる次元で
「ネバがわくわくしてくれてること」だと申しましたらば
なにそれ?!ふしぎーとのお言葉をいただきましたにょ。
ここを読んでくだすってるネコさんネコさん、きっと同意していただけますよねっ☆
精神は肉体を凌駕する、よ!
女子に食べたいなって思ってもらえることがまずありがたいところにさらにもってきて
ネバ嬢ですよ、自分の好きな女子ですよ、
そんなの何にもまして、嬉しい奇跡じゃないっすかああああ。
え、何の話かわからないもっとちゃんと説明しろクソアマ、ですって。。
ごめんなさい、恥ずかしくて、むりです。。。!(じゃあいっそ口を噤んでろバカ!!!)

あっ!ネバヤ姫が盛大に髪型イメチェンいたしまして
ほくほくきゅんきゅんしています!パーマ好きとしては垂涎ものでありまする。
ネバ嬢可愛いよネバ嬢!なんて可愛いのっ!!

| | コメント (4)

梅雨の素肌抗争

ネバヤちゃんが、シソをめちゃめちゃ可愛がっておりまして、
そりゃあもう、朝起きたら真っ先に、ふらふらとシソに水をあげ、
雨降ってきたらすぐさまシソを見にゆき、
雷が鳴るとシソを心配し
夜寝る前にシソを覗いては「どうしようユキちゃんシソがへろへろになってる!!!」
翌朝シソを覗いて「ユキちゃんシソが息を吹き返したよ!」

。。。。
シソが可愛いのはわかったけども、だ!
彼女のわたしをもっとかまえーかまえーかまえー!
彼女のくせに、もっとわたしに、かまわれろーかまわれろーかまわ(略)!
とか思ってヤキモチなわけです。
「シソに水やっといて」って頼まれても
「大丈夫ちょっとくらい水無くても死なないヨ★」ってイジワルしちゃうくらいは
ジェラシーなのです。
ま、もちろん、ネバ嬢を悲しませるのが目的じゃないので、水あげましたけどっ。
最近は、暑くなって蒸蒸蒸蒸して、なかなか長時間のハグが確保できてないので
なおさら心が狭くなっておるわけです。
(もっともらしくわがままを言うな)

ネバヤちゃんを堪能する方法は数多あれども
私的には「触れる」のが一番のそれはそれは大好物で
一日絶食と一日絶ネバ嬢なら、ダントツで絶ネバ嬢が苦しいのでありますから
やはり、接触が減ると、心が狭く狭くなってくるのでございます。
声を聞くのは好きです、声、喋り方のくせ、話す以外の音、そういうものたちも萌えっとしますし
姿かたち、顔も好きです、歩き方、しぐさに表情に手つきに。。といったものたちも萌えで
匂いなんか、どこの匂いも好きですが、特に首まわりの匂いがキュンキュンしますが
なぜだか
肌で触れ合うってことの破壊力には到底敵わないの。。。!

贅沢を云えばもう四六時中触れていたいのですが
それは無理なので
とにかく、ちょこっとだけでも触っていたいのです。
食べてる間は、自分の足でネバ嬢の足に触れていたいし、
ネバ嬢がゲームしてるなら、やはし、足か手でネバ嬢に触れてたい、
お互いにPCしてる間は足も手も届きませんが、
そのあと寝る段ではぎゅうぎゅうくっついて眠りたいそして
真夜中起きた時もくっつくし、
朝にはとうぜん再度ぎゅうぎゅうくっついて匂い嗅いでから起き上がりたい!

そんな私は真っ向から突進する犬タイプ。
そしてネバ嬢は、犬の彼女のネバ嬢は、筋金入りの猫タイプ。
あなや。

ままままま、犬なんで、覚えたんです、
ネバヤちゃんは、ちょっとそっとしておいたほうがいいこともある。
そおっとして大人しくしてれば、ネバ嬢の気の向いたときに
たくさんぎゅうぎゅうしてもらえるのも、学習したんです。
ですけどもっ
頭でわかってても気持ちがついていかないんですね。
うっかり気づいたら、ぎゅうぎゅうくっついてましたもん。
残念な子だわ。
これは、1対1なので、どっちが正しいとかじゃなくて
どう譲り合うかってゆうバランスの問題だと思ってるんですが
私は修行が足りないので
ネバ嬢が不足すると、普段はなんでもないことでも
「なによーっ」とカリカリしちゃう傾向にあるので
しかも、他の要因でイラっとしてるけどそれは単にきっかけであって
根本は、接触が少ないという理由なので
ネバヤちゃん、相当困惑したみたいです。そうよね。ごめんなさい。

最近は私が「ぐるるる」って牙を剥きだすと「あー接触が足りないんだなオマエ」って
すぐさまぎゅうぎゅうおしくらまんじゅうしてくれるので
助かっております。自分からふっかけといて勝手ですが、喧嘩しないで済むのです。
恋人とべたべたしないタイプのひとからすると
迷惑極まりないのもわかるんですが
こっちもけっこう死活問題で、長く(2~3時間)触れ合わないでいると酸素不足の体のように
きもちが仮死状態に陥るので
あきらめてときどきぎゅうぎゅうしてもらうしかないのです。

ネバヤちゃん、無体を強いて、悪いとはわかっているのよ。。。
ごめんなさいね。。。!
なるべく部屋を冷え冷えにしてませうっ。
そうしたら、ほら、くっつくのも苦じゃなくなるかも★
(そゆ問題じゃねえーだよ)

| | コメント (5)

ひとだんらく

御葬式のあと、ネバヤちゃんの御姉様家に直行して、猫さん合宿でお邪魔してきました。
でも、緊張がとけて、ねろねろに寝てばっかで
残念な感じですみません。。。!

てゆか、緊張度合が
自分の家族>>>>>>>>>>>ネバヤちゃんの家族
ってどーなのよ、って思ってみたり。
まあ、親戚関係絡んでたっていうのもありましたし。。。
家族の中で良い位置キープしてたい、且、仲良しのための努力をしてる自分に酔いたいのか、
ネバヤちゃんになるべく迷惑かけないでいたいのか、
どっちなんだって話です。
どっちも上手い事やれなんて、真っ当すぎる選択肢は無しですにょ。
そのとおり、まったくそのとおりで、ぐうの音も出ないですから。

ここ3日くらい、ネバヤちゃんとワギャンランドをやっております。
ファミコン!FC!!
用意された絵札で、しりとりしたりするんですが、
同じ柄のカードでも、トリッキーな読み方があって、
(うずまき模様を、タイムトンネルとか、めまい、とも読むのです。なにそれ!)
(つぼ模様は、びく、とか、みずがめ、とか)
敵の言うその読みを覚えておかないと負けるし
逆にこっちが、その変な読み方ばっかで攻めても負けるのです。
まあそんなところで躓いてるのは私だけなんですが!笑
でも出掛けたり私を慰めたりで忙しかったネバヤちゃん、
なかなか最後まで行けずに、ちょっとだけもわもわしていたようで
今夜はクリアするんだぜ★とキラキラしています。
かーわいい!ヽ(´□`。)ノ・゚あーあーー可愛い!

| | コメント (5)

手乗りー可愛いーネバ子のお尻ー

↑↑ジューシーオイシー果汁ハイチュウー。

父方の祖母が亡くなって、その関係でごちゃごちゃして
ネバヤちゃんに
「大変なのに甘えさせてくれないなんてっ馬鹿阿呆おたんこなすもう知らないわーーーん」と
デカイ喧嘩をふっかけてしまいました。
ごめんね。。。;
ネバヤちゃんは、こっちがごたごたしてるので、ただ大人しくしててくれただけなんですが。
家族の人って私的にはちゃんとちゃんと好きではありますが、めっさ気を使う相手でもありまして
長姉次姉父と3パターンの気遣いに親戚要素が絡んできたので爆発してしまい。
善処していきたいと思っております。。
ごめんなさい。
結局ネバヤちゃんが食あたりでぜいぜい言いながら手を差し伸べてくれたので
仲直りできました。。
悪いわ。ああああん。今になればもーめったくそ悪いっておもってるんですが
ほんと私死ねばいいよね血の池とか生温い、いっそ無間地獄に落ちればいいよねえって思うんですが
パニクってると駄目です、
無間地獄には今すぐ落ちれないのでせいぜい精進します。。。。

。。。
陰鬱な雰囲気にもってっといてなんですが
ネバヤちゃんが最近発明した遊びがありまして★
手乗りネバ嬢といって、ネバヤちゃんのケツをてのひらに乗せるってゆうだけの
シンプルな遊びなんですけども!
これが、ちょーーーカワイイんです。
小動物に興味が無いので手乗り系ペットにも食指が動かなかったんですが
いやあもうネバ嬢ならアホみたいに可愛い、手に乗りきらないのがまた可愛い。
これの応用編として、肩乗り、も楽しいです。
肩にケツを乗せてもらうだけで、気分はトロピカルです☆
ふわケツ!ふわふわ可愛いケツ!!
逆も楽しいです、というか、落ち着きます。
おお私の居場所はまさにここだ!って感じでネバ嬢の手の上で安心するのであります。笑
しばらく、手乗り遊びでネバ嬢を満喫するんだぜ!

| | コメント (4)

ていねんぴっぴっぴー

愛猫くんを見てくださった貴女も☆貴女も★ありがとうございます!!
ネバ嬢がハッピィオーラをキラッキラにして喜んでおります(笑)
可愛いわ。
親バカで猫バカなところも可愛いわっ。
あっ(ToT)ゞ、観ようとしてくださったのに見れなかった貴女さま!ごめんなさいです。。!orz

でも今、22:02現在、ネバヤちゃんがまたまたおっかねえドラマ観てるので
イヤホンつけてPCとラブラブしておるのです。
なんだっけな、前にもあったな、ラストフレンズのときも同じパターンだったな。。。
だってあのドラマ怖かったですよね。。途中から昼ドラコントと化したようでしたが。。懐。。
わたし、あのソウスケーばりのストーカー気質でして(って観てないのに言うな)

いまでこそ、たいした害もなくなってますが、
ネバ嬢とお付き合いしたころは、けっこうキモいストーカーだったので
ございます。
ネバ嬢が、前の恋愛相手と住んでた町に
こっそり行ってぶらぶらしてみたり
当時のネバ御用達のスーパーに入って品揃えをみたり
当時のネバの住んでたアパートを探してみたり
当時のネバの通ってた会社を探してみたり
当時のネバの行きつけの銭湯を探してみたり
当時のネバの行きつけの美容院探してみたり
当時のネバの行きつけ(?)のラブホ探してみたり
そんなこんなでうろつき回ってるうちに結局
住宅地に入り込んで、道に迷って
遥かかなたのデカイ駅までえんえん数時間歩く羽目になったり
してたんです。。。。

でも、本当の目的は
当時のネバの彼女がいたら
一発かましてやろうと思ってて
いえまあいるわけがないって知ってるんですが
ちょこっとポケットに果物ナイフくらいは忍ばせる、そんな薄暗いこころもちで
いたもので
(いや実際は持ってってませんヨ流石にそれはしてませ。。)
ネバヤちゃんに、「行ったよ」と報告できないまま
月日が流れ
ネバヤちゃんと一緒にその町に何度か行ったものの
やっぱり申告することなく
ネバ嬢に内緒でその町に行ったことを忘れていたんですが。
さっき、何かを話していて、ふと思い出したんですね。
「あーネバ、あの町、こっそりひとりで逝ったんだわー実は」
と、申告したところ、やっぱりというか、普通にびっくりするネバヤちゃん。。
そうよね、びっくりするよね。
黙っててごめんね。。。
我ながら痛々しすぎるので、言えなかったの。。。
言えないうちに、自分で忘れてたの。。。

なのでネバ嬢に「このストーカー!」って罵られて
いや違った罵っていただいて本望であります。。。

ほかにもなあ、たくさん、ストーカーしてたよなあ。。
ネバ嬢がうちに忘れてった携帯を届けるって名目で
ネバの会社のまわりを小一時間うろうろしてました。
流石にネバの実家の周りはうろうろしなかったけど。
ネバ嬢がうちに置いてった服は、匂いなくなるまでクンカクンカ嗅いで
自分が着て抱きしめてからやっと洗濯して
当然、下着はかぶって遊びましたですし
ことによるともうちょっと愛でたかもしれない。

話に出てきた人の名前はきっちり記憶野に叩きこみ
そのひとのいろんなスペック、ネバからの評価、などを覚えて
ネバがそう評価する理由を推測してみたり、
ネバが人を観るときの価値基準を推測したり
とにかく、ネバを知りたくて矢も楯もたまらなかったなあ。なんだったのかしらあの焦燥感。。
もういまは無くなっちゃいました。。

ネバ嬢がなんか呟いてても、自分に関係なさそうだったら
生返事で流します。あーとかうーとか。。知ったかぶりもする。。。笑

ずいぶんと仲良くなったなあ、とか、思うのであります。☆★

| | コメント (9)

より以前の記事一覧